フリーランス農業について

こんにちは!オオツル(@tsurunemui)です。

 

僕が自己紹介するときに「フリーランスで農業をやってます」みたいなをよく言うんですけど、フリーランスで農業??みたいな反応をされるのでこんな感じですよーっていうことを説明していきたいと思います。

 

そもそも農家って

 

農家というと農作物を作ってる人とか

畑を持ってる人とかいろんなイメージを持つ人がいるかと思いますが

農家という言葉の定義はこんな感じです。

 

日本では農家の定義は以下の通りである。

  1. 経営耕地面積が10a(1000m2)以上の個人世帯、
  2. 経営耕地面積が10a未満の時は、年間農産物販売金額が15万円以上の個人世帯

このうち30a以上または年間の農産物販売金額が50万円以上の農家を販売農家、それ以外の農家を自給的農家という。販売農家の中には農家構成員の就業状況に応じた主業農家と副業的農家という区分もある。

農家が栽培する植物のことを農産物(または農作物)という。

 

なんで、僕は農業にかかわってはいるものの農家ではないです。

まぁ、フリーランスで農業をしてますという言い方をしているので間違いではないですが。

 

 

 

何をしているの?

 

主に農繁期の作業の手伝いをしています。

 

猫の手も借りたいともいわれるほど忙しい時期が農家にはあって、特に植え付けをする時期と収穫をする時期はほんとに時間がないです。作物にもタイミングが合ってそれを逃すと品質や収量が下がってしまいます。そこに手伝いをしにいきます。

 

素人がいきなりやるとあまりいい顔されないのですが、受け入れてくれる場所を探すのが最初は大変でしたがある程度回数をこなしていくと依頼が来るようになります。

収穫や出荷作業に関していえば、農家さんの指示に従って作業がこなせるのであれば初心者でも問題なく取り組めるのではないかと思っています。

 

販売の代行もちょこちょこしています。

 

今はオフラインでしかできていませんが、SNSやブログを使って直送できる仕組みを作っていけたらいいなと思っています。人手が足りない農家さんの場合、販路開拓などに時間をさけないといったこともあるようなので、販売に関してサポートができると一つの強みになると思います。

 

情報提供もできます

 

また、色々な地域に行くので、農業にまつわる話題から地域おこしのネタまでの情報の提供をしたりもします。ある程度経験を積んだらコンサルティング的なことをしても面白いかなと思ったりもしていますが今は特にしていません(笑)

 

人材育成

 

ゆくゆくは、フリーランス農業ができる人材を増やしていってみんなで畑仕事をしようみたいな人材育成的なことも含めてやりたいと思っています。

 

 

フリーランス農業が生まれたきっかけ

 

 

農地を持っていないけれども農業にかかわりたい

ただ、これと言って栽培したい作物があるわけでもないし

そもそもどこに住んでやるかも決めていないということで

就農相談に行ったとしてもあまりピンとこなかったので

とりあえずいけるとこに行って

経験を積もうと思ったことがことの始まりです。

 

結局、ガッツリ農業をやろうとすると

どこかで腰を据えて取り組まなければならないのですが

実家が農家であるといったバックボーンがない限り

コネなしの状態からスタートするのはあまりにもリスキーだと考えます。

 

そこで、いろいろな地域でいろいろな作物に触れることができる

移動式農業という形を考えました。

農業が季節労働的な側面もあり、何か所か組み合わせることで

ゆくゆくはそれだけで食べていくことも可能ではないかとも思っています。

 

気に入った地域があればそこに移住して就農してもいいですしね!

 

遊牧民的な生活を目指すオオツルにとっては

このスタイルで農作業をしつつ、循環型の生活に取り組めたらいいななんて思っているところです。

 

そんな感じでざっくりとしたフリーランス農業の説明でした~!