一流の人は常に健康である

二流以下の僕は靭帯損傷

 

こんにちは、オオツルです。

いきなり○○になってしまった

 

こんな記事をさらっと書いていて

先日、膝を痛めてしまったわけです。

 

今日は大丈夫だろうと思って自転車で病院行ったら

めちゃくちゃ怒られました。

 

MRIの結果もやはり後十字靭帯の損傷だそうで。

 

 

損傷でも靭帯は切れているんだそう。

靭帯損傷とかヤクルトの選手くらいしか縁がないと思ってたけど

まさか自分がって感じです。

 

 

 

 

近所の病院の先生にはとりあえず手術を勧められるわけですが

膝に詳しい病院の紹介を受けてまた来週病院へ行くことになります。

 

病院に時間割きすぎてやりたいことができてない現状ですが

早く巻き返していきたいものです。

 



 

そもそも一流の人は健康である

 

 

今回の僕のように、けがをしたり

はたまた体調を崩したりしてコンディションが整っていないと

生活全般に支障が出てきます。

 

体調が悪い経験は誰しもがお持ちだと思いますが

頭が痛いときって集中力も散漫になりますし

仕事をしたところでもいいパフォーマンスは得られません。

 

怪我も同様ですね。

膝が痛すぎて今は集中力が欠けている時間が多いです。

 

スポーツ選手とかでもそうですけど

一流の人って怪我も少ないですし

万全の状態で試合に臨んでいることが多いですよね。

 

 

仕事の管理以前に自分の管理ができなければ

何をするにしても結果は残せないですもんね~。

 

 

ただ、体調が悪くなったりけがをしたりするということは

それまでの自分の身体の使い方がおかしかったことに起因するので

今までの自分の行動を振り返るきっかけにもなります。

 

 

(今回の僕は油断してこけただけなので例外ですが)

 

 

まぁ、のらりくらり生きていきましょう。

 

 

手術になったらしばらく入院らしいので

おすすめの漫画とかあったら教えてくださーい!

 

畑を始めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

遊牧民的な生活に憧れながら全国を旅しながら農業をしています。働きすぎて身体を壊しかけた経験があるのでほどほどに頑張るのがモットーです。平成5年生まれの25歳。人と環境にやさしい生活を目指しています。