自然を相手にする仕事は楽しい

 

こんにちは!オオツル(@tsurunemui)です。

先日、山の中での仕事を体験してきました。

いつもは農業なので林業は異業種。

新しい発見があるかも・・・?

 

 

ということで!

 

 

おじいさんは山へ草刈りに~ではなくて

木を切る仕事。いわゆる林業の体験です。

 

 

と言っても僕は重機を扱えるわけではないので

簡単な作業を手伝ったり、見学してみたりといった感じで

1日を過ごしていました。

 

山は結構な斜面なので歩くだけでも

下半身のトレーニングにもなりますし

チェーンソーは意外と重たいですし

モノを運んだり、作業をすることで腕力や体幹も鍛えられていきます。

まさに天然のジムです。

 

 

身体を使いながら頭も使う仕事

 

 

林業や農業って、外に出て身体を動かす

肉体的な労働ではあるんですが

かなり頭も使って仕事をしていきます。

 

林業で言えば、木を切って倒していくわけですが

木を倒す位置は周りの状況を見てやっていかないといけません。

きちんと整備されていない山であれば、

ちょっとずれてしまうと他の木にぶつかってしまったり

現場によっては電線やお墓や住宅の近くなどで作業することもあるようで

細心の注意を払いつつ、倒す位置を計算しなくてはならない。

 

農業も、ただ植えていく、収穫していくというわけではなくて

植え方や収穫の仕方もたくさんあって、

どの方法が生産性良くできるか考えながらやる必要があります。

 

一度始まったら、同じ行為を繰り返す

単純作業の連続のようになっていくこともありますが

自然を相手にする以上、場所が少し変われば

条件も変わっていくので考えながら動くことが求められます。

 

どんな仕事でも、頭を使うのは間違いないんですが

身体を使いながら頭を使うというの僕的にはミソだったりします。

 

 

営業とかしてても、なかなか身体を使う機会がないですからね。

僕の経験上では。むしろ食べ飲み多くて太るw

 

ちょっとだけ自然を相手にする仕事もこなして

お金を得ながら健康な体を作っていく路線というのは

これからのスタンダードになっていくような気がします。

 

ジムに払ってる月会費の分、

多分他のことにお金使えるようになりますしね~

 

 

いろいろ組み合わせて楽しい生活を作っていくのが

やっぱりいいんじゃないかなーと

いつも同じ結論に至ってます。

 


 

ちょっとした情報コーナー

 

6月15日から柿の木オーナー募集みたいなので

そろそろ応募したい人探し始めます。

詳しくは下記の記事から

https://ootsururyo1.com/2018/05/15/wakayama/

 

あとは最近行った佐用町でも

棚田のオーナー制があったとおもうので

ちょっとしたところから農業に入ってみるのも

おもしろいかなーなんて思います。

 

 

畑を始めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

遊牧民的な生活に憧れながら全国を旅しながら農業をしています。働きすぎて身体を壊しかけた経験があるのでほどほどに頑張るのがモットーです。平成5年生まれの25歳。人と環境にやさしい生活を目指しています。