移住のスタートは地方都市から入る

こんにちは!オオツル(@tsurunemui)です。

 

 

ということで、

今日は日本のどこかで新しく住む家を見学に行きました。

ほぼほぼ決まったかなーという感じですが

まだ確定はしていないのでシークレット。

 

 

ただ、地方都市に行けばいくほど家にかかるコストは下がりますね。

その分仕事の選択肢も狭くなっていくかと思いきや

仕事は意外とたくさんあります。

畑の数なんて倍どころの話ではありません。

 

 

ということで、次の引っ越し先は

大阪よりもう少し地方の都市になると思います。

 

 

田舎暮らしも憧れではありますが、

1年半くらいかけた情報収集の結果として考えると

 

Uターンで地元に帰るパターン

もしくは

どこでも収入が得られるような手に職を持つ

 

このどちらかでない限り、田舎暮らしを成り立たせるには

厳しいのではないかという実感を持ちました。

 

なぜ??

 

いの一番に出てくるのは

どうやって生活を成り立たせていくか

ということになっていくんですけど

 

過疎地レベルの田舎になっていくと

仕事は本当にないです(笑)

 

第一次産業ぐらいです。

ただ、素人がいきなり飛び込んで何とかなるかと言えば

なかなか難しい状況です。

あと車やなんだで固定費は意外とかかります。

 

Uターンであればすでに家や畑があったりするので

固定費が圧縮できますし

手に職があるタイプの人であれば場所さえあれば働けます。

(インターネット系強し)

 

残念ながら僕はどちらにも当てはまらないので

技を身に着けつつ、

住んでみたいエリアにちょこちょこ行くようなスタイルで攻めようと思っています。

 



 

後戻りできる逃げ道の確保

 

移住の支援策はたくさんあるものの、

ちょっと住んでみてだめだったら戻ろう

的な気軽さが少ないのも問題点なのかなぁ。

 

受け入れ側としては定住を求めたいところだけど

地盤がない土地に骨をうずめるってなかなかできないですよね。

 

 

それに中に入って行かないと分からないことも多いです。

お客さんとしていく分には手厚いおもてなしを受けるわけですが

いざ住人となった場合どうなるのか…。

 

ということも踏まえて、田舎暮らしを始める前に

住む候補地に通っていく必要があるんですけど

結局、通うとすると交通費がバカにならない。

 

僕も交通費がだいぶかかっているので貯金できてないですしね。

 

 

ただ、お気に入りの場所が見つかってきたら

その県の栄えている地域なんかに行ってしまえばいいと思います。

 

 

それが地方の都市であれば

都会ほど人にあふれているわけではないけれども

田舎的な生活も味わうことができる。

 

高収入バリバリ稼いでいく路線ならば

それは情報の集まる東京に住む一択ですけど

そうでない選択肢を持つのであれば

「地方都市」へ住むことをおすすめします。

 

大阪に住むのはコスパが意外といい件

 

こんな記事を書いたんですが、

東京を中心に見るのであれば、大阪近辺はかなりおすすめです。

固定費は東京よりだいぶ安い割に

賃金はそこまで劣らないですし、

仕事の職種もたくさんあります。

 

というのは僕の大阪暮らしの実感ですが

大阪は東北地方以外へのアクセスが良いので

田舎暮らしのための拠点としてはなかなかすぐれていると思います。

 

 

移住先が九州を考えているであれば福岡とかもいいですね。

ただ、アルバイトで見る賃金が大阪よりもだいぶ低かったので

ちょっとだけ苦労するかもしれません。

そのかわりご飯は美味しいですけどw

 

そんなこんなで、拠点がそろそろ変わりそうな感じなので

引っ越しの準備もぼちぼちはじめていこうと思います。



 

 

 

行先はお楽しみに・・・

 

畑を始めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

遊牧民的な生活に憧れながら全国を旅しながら農業をしています。働きすぎて身体を壊しかけた経験があるのでほどほどに頑張るのがモットーです。平成5年生まれの25歳。人と環境にやさしい生活を目指しています。