顔で得をするために気を付けていること

こんにちは、オオツルです。

昨日は免許の更新に行きました。

 

遊牧民的な移動を馬ではなく車でしている僕にとって

かなり重要なイベントなんですけどあっという間でした。

 

 

淡々と進んでいき、講習で待たされて

30分くらいで終わって免許証を交付されたわけですが・・・

 

 

人相が悪い(笑)
色黒で坊主で寝不足な状態の写真なので

自分で見ても印象悪かったです。

 

 

 

肌の色はもともと黒いけど、

最近屋外での作業が続いていたからというのもあります。

 

僕調べによると、色黒よりも色白の方がモテている気がするので

ちょっと悔しい気持ちもあるんですけど

顔の表情とか含めて見た目である程度判断してしまいますよね。

どんなに中身が重要だと言ったって

外見が無理だったら無理なのです。

 

 

そんなことを思わされたわけですが

僕のテーマとしては「印象に残る人」というものを目指しています。

 

 

フリーランスで働く以上、

オオツルという存在を認知してもらわないことには

食べていくことはできないですからね~。

 

 

だから、顔と名前のどちらかは覚えてもらおう

という気持ちではじめましての人とは接しています。

 

 

もともと、顔が濃いとかよくわからないですが

覚えてもらいやすいタイプの顔ではあるのですが

特徴があるとか、芸能人に似ているとか

わかりやすい何かがあると覚えてもらいやすくなります。

 

 

この写真だともはやだれかわかりませんが・・・

 

誰かに似ているとか、覚えてもらいやすいフックがあると

フリーランスに限らず、営業マンでも

会社員の社内営業でも合コンでも様々な場面で役に立ちます。

 

 

少なくとも1回会うだけで顔見知り程度には進むので

ある程度関係を築くのも早くなります。

 

 

僕は人の名前と顔を覚えるのが絶望的に苦手なんですけど

相手方に覚えて頂いていることが多いので

かろうじてコミュニケーションが成り立っていますが(笑)

 

 

相手が覚えてくれていたら

2回目はほぼ間違いなく向こうから話しかけてくれるので

お得ですよ~

 

 

 

リクルート→校長先生の藤原さんも似たようなこと言ってたので

僕も活用させてもらっています。

 

 

とりあえず、清潔感には気をつけながら

顔もしっかり整えていきたいと思います。

整形じゃないよ、痩せる!



畑を始めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

遊牧民的な生活に憧れながら全国を旅しながら農業をしています。働きすぎて身体を壊しかけた経験があるのでほどほどに頑張るのがモットーです。平成5年生まれの25歳。人と環境にやさしい生活を目指しています。