柿の木のオーナーになろう

 

こんにちは、オオツルです。

 

4月に和歌山にいってレタス工場を見に行ったんですけど、その道中に寄った道の駅で大変興味深いものを見つけたので、インスタグラムで募集してみたところ何名かの問い合わせがありました。

 

 

そう、柿の木のオーナー制度です。

 

田んぼだったり、果樹の木に対してのオーナー制度はちょこちょこ流行っていて、

棚田とかは1画あたり3万円前後で募集をかけていたりしていることが多く、収穫体験や、採れたものをもらえるとかそんな感じであります。

 

今回僕がたまたま目にしたのは

和歌山県九度山町にある柿の木のオーナー。

 

概要はHPからの転載ですがざっとこんな感じ

 

紀州九度山の名産である富有柿の木のオーナーになってみませんか?

紀州の悠大な自然が育てた、大きさ甘みどれをとっても良い品質をもつ九度山の富有柿。その富有柿を満喫するチャンスです。柿の木は自分で選んでいただき、木にお客様の名札をお付けいたします。秋には自分の手で収穫して味わっていただきます。買った柿とはひと味違った贅沢を堪能できます。

柿
収穫(イメージ)

ご利用にあたって

  • お値段
    1本25,000円(9月末までにお納めください)
  • 募集期間
    6月15日~8月15日
    ただし、予約本数受付次第締め切らせていただきます。

 

引用:http://www.kudoyama-kanko.jp/taiken/kakiowner.html

 

 

募集まで1か月を切ったのでこのブログでも一緒にオーナーになりたい人募集しておきます。

いきなり農作業とかしんどいわーという人も

こういうところをきっかけに農業に関心を持ってくれたら面白いかなーと思うので我こそはという方、お待ちしてます。

 

お問い合わせはTwitterのDMまたはFacebookのメッセンジャーか何かからどうぞ。

 

 

畑を始めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

遊牧民的な生活に憧れながら全国を旅しながら農業をしています。働きすぎて身体を壊しかけた経験があるのでほどほどに頑張るのがモットーです。平成5年生まれの25歳。人と環境にやさしい生活を目指しています。